先輩からのメッセージ

子どもの頃に励ましてくれた薬剤師のように、
患者様との距離が近い薬剤師を育成したい。

薬剤科科長 春名敬子

高校卒業後、大阪の薬科大学に入学して薬剤師の資格を取得。その後、高校時代の恩師の勧めもあり、津山第一病院へ新卒で入職。現在は、薬剤師科長として調剤や配薬業務に従事しながら、薬剤部門のスタッフの管理・育成も担当。現在に至る。

子どもの頃の入院体験が薬剤師を目指すきっかけだった。


 小学校の頃の作文に書いていた私の夢は、「薬剤師」でした。今思い返すと、小学校の頃に一カ月ほど入院したことがあり、その時優しく接してくれた薬剤師の方に憧れたのだと思います。その薬剤師の方は、長期に渡る慣れない病院での生活の中でとても不安で心細かった私を励まし、勇気づけてくれました。当時の体験が、医療現場で薬剤師として働く将来の自分を形づくったのだと思います。その頃の夢を叶え、現在は当院で薬剤師として働いていることを誇らしく思っています。そして今度は、当時の私が感じたような不安を、患者様からできるだけ取り除いて差し上げたい。薬剤部門の科長として、この病院を頼っていただいている患者様の期待と信頼に、今まで以上に応えたいと思っています。
 

たくさんの服薬指導実績で、患者様の信頼を築いてきた。

 私たちが常に心がけてきたのは、患者様と直接お話しながら一人ひとりに正しくお薬を服用してもらうこと。これまで積み上げてきた服薬指導の実績は、当院への信頼の証です。服薬指導や医薬品情報提供の件数を積み上げるため、具体的な目標数値を掲げるという取り組みを行ってきましたが、今後も継続させていこうと考えています。また患者様への行き届いた総合的なケアを今以上に充実させるには、部門間の円滑な連携とチーム医療が不可欠です。薬剤部門の私たちにできることはまだまだあると思いますし、これから新しく入職される方にはぜひ、私たちのチーム医療に積極的に関わってもらいたいですね。
 

「病棟常駐の薬剤師」の実現に取り組みたい。


 患者様にとって「顔の見える薬剤師」を目指す私たちの新しい取り組みの一つに、「病棟常駐の薬剤師」の実現があります。服薬指導に力を入れている私たちにとって、薬剤師が患者様との距離が近い病棟で活躍することは重要だと思っています。現在も薬剤師が定期的に病棟の患者様をうかがい、薬効をしっかり理解してもらった上で安心して服用してもらえるようアドバイスする取り組みは行っています。しかしながら患者様との距離は、もっと縮められるはずです。薬について少なからず不安を感じる患者様が、気軽に相談できる存在になること。患者様が感じている病気や怪我の不安を、少しでも取り除けること。そんな専門性をフルに発揮するからこそ可能な役割を担うことこそ、今後の当院の薬剤師に求められるものだと感じています。
 

薬剤師として多くのことを学べる環境だと思う。


 当院では部門を超えたスタッフの連携もスムーズに行われていますし、よりよい医療の実現に向けた意見交換もしやすい雰囲気もあります。薬剤師という枠にとらわれず、積極的に患者様と接しながら医療現場で求められるスキルを磨いていける環境があると思います。また調剤や服薬指導といった薬剤師業務の「場数」を多く経験するのにも、最適な規模の病院とも言えるかもしれません。保育手当や育休と言った長く働きたい方をサポートする制度も整っており、スタッフ同士が助け合う風土も根づいています。向上心を持ってどんどん新しいことにチャレンジしたい方や、多くの患者様と接しながらスキルアップしたい方にはとても良い環境ですし、そんな方にぜひ仲間になってもらいたいと思います。

交通アクセス

〒708-0871
岡山県 津山市 中島438

JR津山駅より車で約10分・JR院庄駅より車で約3分・院庄I.Cより車で約5分・中鉄バス乗入れ

お電話でのお問い合わせ

0868-28-2211

採用担当