先輩からのメッセージ

介護の経験を活かしながら医療現場で働く。
自分の視野が広がっていくのを感じます。

看護アシスタント 近藤玲子

短大で栄養士の資格取得後、「要介護者様の側でもっと仕事がしたい」と思いヘルパー2級の資格を取得し、介護の世界へ。老人福祉施設に新卒で就職後、特別養護老人ホームやデイサービスでの勤務を経て、2014年当院へ入職。現在に至る。介護福祉士の資格保有者。

ケアマネージャーに挑戦するため転職を決意した。


 短大を卒業後、地元・津山で介護の仕事をずっと続けてきました。介護の仕事に関心を持つきっかけになったのは、祖母の存在でした。寝たきりで体の不自由な祖母の食事の介助をするうち、自然と「介護の仕事で人の役に立ちたい」と思い、この道を選びました。介護福祉士の資格も取り、次はケアマネージャーの資格に挑戦したい。そう思った時、介護だけでなく医療の現場のこともきちんと学ぶ必要を感じて、地元の病院である当院への入職を決めました。当初は介護と医療で求められるものの違いに戸惑うこともありましたが、患者様の近くで活躍できる今の仕事に大きなやりがいと刺激を感じています。
 

介護の経験は活かせる。医療の現場は勉強になる。

 現在、急性期病棟の整形外科で看護アシスタントとして働いています。担当業務は、患者様の入浴や食事、排泄などの身の回りのお世話や検査の補助など。看護師の方をサポートしながら、二人三脚で仕事に取り組んでいます。急性期病棟なので、他の病棟よりも突発的な事態にも効率よく優先順位をつけて対応する必要があります。忙しい環境でも仕事をこなせているのは、介護の現場経験が活かせているのだと思いますね。一方で、医療現場だからこその難しさもあります。例えば整形外科では、患者様の移乗介助の際、「足をこの方向に動かしてはいけない」といった医学的な知識が必要になります。怪我や病気を治療する病院だからこそ、患者様に対してより慎重な対応が求められるのだと感じています。
 

患者様からの「ありがとう」が何よりうれしい。


 傷口が塞がり、ようやくお風呂に入ることができるようになった患者様の入浴をお手伝いした時に「本当にありがとう」と感謝してもらえる。怪我が治って退院した患者様が、外来で検査に来られて「ここまで歩けるようになった」と笑顔で報告してもらえる。そんな時は本当に嬉しく、この仕事をやっていてよかったと思えます。看護アシスタントとして生れ育った地域の患者様の手助けができていることに、私は誇りを持っています。これからも当院で多くのことを学び、身につけた知識やスキルを患者様のために役立てたい、と心から思っています。これから新しく入職される方もきっと、そんな患者様からの感謝の言葉の一つひとつが、働くことへの大きなモチベーションになるはずです。
 

介護から医療の現場に飛び込んでよかったと思う。


 入院している患者様のちょっとした変化にも気づけるように、整形外科だけでなく内科や他の医療分野のことも勉強していきたいと思っています。私たちの病院に来てくださる患者様はご高齢の方が多いので、現場の各スタッフが患者様の小さなサインを見逃さないことが何より大切です。患者様の命を預かる病院だからこその重い責任はありますが、それは同時に日々多くのことを学べる環境でもあるということ。大変な仕事ではありますが、「積極的に医療のことを学びたい」「もっと人の役に立ちたい」という方には当院で働くことがとても貴重な経験になるでしょう。私自身、介護から医療の現場に飛び込み、当院で働くことを選んでよかったと思っていますから。

交通アクセス

〒708-0871
岡山県 津山市 中島438

JR津山駅より車で約10分・JR院庄駅より車で約3分・院庄I.Cより車で約5分・中鉄バス乗入れ

お電話でのお問い合わせ

0868-28-2211

採用担当